諦めるしかない?ニキビ跡を治す方法とは

ニキビ跡は、簡単に言うと傷跡です。傷そのものが治ったとしても皮膚が盛り上がっているとか赤みが引いてくれないとか、へこんでいるといった形で残っている傷跡ですから簡単には消せません。 

一番治しやすいニキビ跡は、盛り上がりのある物です。この状態には二通りあります。ケロイド体質か、組織が破壊されてコラーゲンが固まってしこりが残った状態かで治療法は違います。

見た目にはケロイド状態でニキビ跡が残っているとしても、本当にケロイド体質なのか見極めなければなりません。

まず、単にコラーゲンのしこりの場合は炭酸ガスレーザーでの治療が一般的で、これは水に反応する光りを患部に照射し、その皮膚の水分に反応すると熱に変わり、蒸発させるというものです。

盛り上がったニキビ跡だけではなく大きなニキビ治療にも用いられる治療法で、ホクロやイボの除去もします。

ちなみに、本当にケロイド体質だという人は赤みと盛り上がりが広がらないよう丹念に少しずつレーザーで治療していくそうです。

現役のニキビのような赤みのある跡はビタミンの導入が多く用いられます。イオン導入、内服薬というように、先ずは肌の健康面からサポートするようです。

角質層が極端に薄くなり、常に刺激を受けている状態ですから敏感肌の人に多いようです。

その赤みはメラニンの生成をしている事があるのでシミ予備軍になります。内側からのケアも大変重要になる症状といってもいいですね。

そして、とても厄介なデコボコなニキビ跡は、ケミカルピーリングやレーザー治療で長い時間をかけて治療します。

それでも完全に元通りになることは不可能ということですが、もしも肌がデコボコだったら誰しも何とかしたいと思うものです。このデコボコニキビ跡のネックと言えば、毛穴が元だということ

土台が埋まっている袋状のものなので、きっとどれだけコラーゲンやエラスチンを活発にさせる光を当てて刺激したとしてもフニャフニャしてしっかりと張らず、出口の見えない治療を余儀無くされることもあります。

どんなに医療レーザーが進歩しても、ケミカルピーリングで表面からのケアを選択する人が多いのも頷けます。

どのタイプのニキビ跡でも言えることですが、治療するには肌の内側から健康にしなければなりません

ニキビそのものが治ったとして残るニキビ跡は普通の状態の皮膚なのですから、そこを変えるには肌の改善というよりも生活の改善から行って、健康な肌の生成の手助けが必要なのです。

ニキビ跡ケア商品一覧


穴になったニキビ跡

絶対イヤなニキビ跡というと、やはりヘコんだニキビ跡ですね。例えば、切り傷なり擦り傷なり怪我を負った後、自然とかさぶたが取れればヘコんでいようと「傷が良くなった。治った」とは言いますが、そうはいかないのがニキビ跡なのです。

同じ傷跡なのに。まして、一見して傷跡のように大きくもなく、ほんの小さな穴にもかからわず人は忌み嫌い、そんな穴になったニキビ跡が残る人に、微塵もそんなものは見えていないかのように振る舞うのです。

そこまで気の毒な事なのでしょうか。確かに私も穴状になっているニキビ跡を指摘されたら二度と立ち直れないかもしれないし、かと言って見えない訳がないのですから、どう思われているか考えただけて寝込みたくなります。

この穴状のニキビ跡、肌の奥ではどんな状態なのかというと、肌を形成するための大切な組織が破壊していて、それが皮膚表面に出てくる新しい肌もヘコみを見せるのです。もちろん滑らかな形になることは自然には不可能です。

ヘコみニキビ跡にも色々あって、アイスピック型といって深い穴状のものがあります。それは通常のニキビ跡の奥には真皮が残っているのに対し、アイスピック型は真皮が残っていないのです。

スカスカな状態と言いましょうか、加齢とともに変形はするものの穴は深いままで最後は弛みと穴のダブルパンチになります。

そして、大きくヘコんで穴というよりも窪みのようなニキビ跡があります。

これは脂肪萎縮型といって、真皮を通り越して皮下組織にまで炎症が達し、さらにそのニキビを治す過程で皮下組織も大きく傷付けてしまってできるタイプのニキビ跡です。

まさにクレーター状の肌で自然とは戻りません。肌の奥では、脂肪層の組織まで傷つき変形し、ターンオーバーで上がっていく皮膚にもしっかりと大きな窪みを出します。

これは加齢でくる弛みによって押され、面積は縮まるようでも深さが増し、まさに傷跡状態となります。

これらのニキビ跡、大切な肌の奥の組織が変形しているばかりではなく、破壊されてしまって無いのです。

フラットな滑らかな肌になるための基盤が無いのですからケミカルピーリングぐらいではなかなか改善は出来ないようです。

そもそも、そんな大きなニキビができる荒れやすい肌だったのですから、うかつにピーリングをしても乾燥して他の毛穴まで開いてしまったりとトラブルが起きやすいので治療も医師の判断に従い、慎重に進めなくてはなりません。

少し前まではニキビ跡の治療は無理とされていましたが、今はレーザーが進歩して様々な肌の改善を期待できます。


ニキビ跡に効きそうな保険のきく薬

ニキビ跡にも種類があって、ポッカリ穴の空いた跡と赤い跡とニキビじゃないのに盛り上がっている跡。赤いニキビ跡は普通の状態の皮膚とは言えないにしろニキビではないだけに薬も何を使えば良いのか迷いますね。

ポコッと突起物ができたままのニキビ跡は、ニキビを治す段階で大きく毛穴の奥の組織が傷つき、修復する時にコラーゲンが固まった状態です。これにはどんな薬も太刀打ちできません。

しいていえば、レーザーで蒸発させた後に角質層に水分を補給できる薬を塗るほかありません。赤いニキビ跡とヘコみニキビ跡はピーリング効果のある薬が効くそうです。

この二つに必要なのはターンオーバーですから、皮膚表面を剥がして新しい皮膚がどんどん上へ上がってくるのを待ちつつ、体の内側からもケアしなくてはなりません。

ビタミンはもちろん栄養バランスの良い食生活、睡眠不足やストレスの改善など、ターンオーバー促進に必要なのは様々です。

せっかく表面を剥がしても、慌てて作り出された皮膚は脆く、とても敏感で水分も蒸発しやすいのです。

そして、表皮が生まれ変わろうとも肌質が変わらなければニキビを繰り返し、もちろんニキビ跡になりやすい肌しか出来上がりません。そこを踏まえてニキビ跡の薬を使用しましょう。

よく聞くのがディフェリンゲルでしょうか。この薬はニキビの治療で処方されるもので、ニキビ跡の治療のための薬ではないようです。

しかし、口コミをみるとニキビ治療と同時進行でニキビ跡の箇所にも塗って改善したという話を多く見ます。

確かに、ディフェリンゲルの高いピーリング効果は肌のターンオーバーを促してくれるのですからニキビ跡にはとても良い効果が期待できそうに思います。

問題は、ニキビ治療がメインですから「ニキビ跡に効く!」というような触れ込みではないし、剥がれた皮膚の下の事までの効能は期待できません

そして、ニキビ跡の改善にはディフェリンゲルを簡単に処方してもらえないのも現実です。

ニキビでもニキビ跡でも、先ずは肌の保湿で改善するという方法ならヒルドイドも適しています。ニキビ跡が残る過程と原因の中で、肌の乾燥も含まれています。

ヒルドイドは乾燥性症状の改善と血行促進を促すため赤いニキビ跡の改善にも役立ちます。

血行の活発になった肌はターンオーバーを正常に整え、ヘコみや赤みの残る傷跡状態の肌への嬉しい栄養になるのです。

このように、『削る、剥ぐ』だけでなく、保湿という原点に戻りゆっくりと改善する方法も良いですね。

ニキビ跡ケア商品一覧


ニキビ跡の治療はレーザーしかない?

ヘコみも赤みも出っぱりも、誰しも嫌なニキビ跡にしようと思ったのではなくニキビそのものを治そうと一生懸命だったのでしょう。

跡が残るほどのニキビだったのですから、大きくて汚らしくて、とにかく治したい一心だったと思います。

私もニキビ跡がポツポツありますが、どれも痛いし大きくて、見た目にも嫌なニキビでしたから耐え切れず潰しました。その結果、この有様です。

しかし、それでいいのです!タバコが悪いと知りつつ吸う、太ると分かっててケーキを食べる、二日酔いがくるのに飲み続けるのと同じです。

かと言って、痛い目に合わなきゃ分からない…というほど頭が悪いのでもありません。

その時、そうしなければストレスがかかるから強行突破したんです。自分で蒔いた種なのですから、試行錯誤なりお金をかけるなりしてニキビ跡と戦えば良いのです!

それで、そのニキビ跡は一体どうしたら良いものか?ケミカルピーリング、レーザー、薬、基礎化粧品など改善方法はたくさんありますが、比較的基礎化粧品や角質ケア、簡単な薬で改善されやすいのが毛穴拡大タイプのニキビです。

壊れた組織が小さいぶん、肌表面の保湿ケアで目立ちにくくなることもあります。保湿によりターンオーバーが正常になり、そのまま活発化していくのです。

しかし、それ以上大きくなったニキビ跡は改善は難しいとされています。中には、ケミカルピーリングでも変化なしという強靭な居座りを見せるニキビ跡もあるので手がつけられません。

しかし、この場合は「ケミカルピーリングで改善されなかった」というだけなのですから、次の手段に出れば良いんです。レーザーでダメなら、レーザーの進化を待てば良いんです。

しかも、現段階でレーザーといっても様々であり、真皮を刺激してコラーゲンを増殖させて治したり、破壊されて真皮のなくなった肌にまでケアが可能な物もあるというのですからまんざらでもないのでは?とも思うのです。

思えば、大きな傷跡を治す手術だってあるくらいですからニキビ跡のような小さな傷跡ならレーザーで治る、もしくは改善するまではいきそうですね

だいぶ昔の超音波美顔器でさえヘコんだ傷跡を浮きだたせたのです。日々進化を遂げるレーザー、効かないわけがなさそうです。価格ももう少し下がれば、もっとメジャーなニキビ跡治療となるのではないでしようか


ニキビ跡には、先ずは化粧水で保湿

色の白いは七難隠すとは言いますが、まさにそうですね。お肌が白く輝いていると、とても美人に見えるし白いだけで希少価値が違うかのような扱いを受けます。

それと同様、水々しい肌も非常に多くのトラブルを回避します。色白は美しく見える力、水々しい肌はトラブル予防に強いということです。ニキビ跡でも同じです。

保水力を高めれば改善へと向かい易くなり、その後のニキビ事情もずいぶんと変わってくるのです。

頑固なニキビ跡も、元はジュクジュクした化膿ニキビだったでしょうし、そのようなニキビやニキビ跡ができる人というのは、たいていニキビを繰り返します。

ニキビ跡もひとつではなく、肌の中で真皮部分にあるコラーゲンが固まった状態で盛り上がったタイプ、赤く現役ニキビのような色素沈着タイプ、穴やクレーター状のものと、さらにそこから軽度か重度かで本当に様々です。

どのニキビにもニキビ跡にも、その肌には水分か必要です。元々はニキビのできる敏感な肌なのですから、刺激や異変を察知して角質層が厚く硬くなりやすく、それで毛穴に蓋を作った状態にしてしまうのです。そして毛穴は皮脂を排出できずにニキビとなります。

ニキビ跡でも同じで、ターンオーバーで少なからず良い状態にと肌は頑張りますが角質層が厚く硬くなっているため、どうしてもデコボコしたまま形成された肌表面に向かって上がって行くのですからニキビ跡も変わりません

ニキビ肌でもニキビ跡が残る肌でも、特に急いで治療や処置を考えていない場合には、とりあえず化粧水で保湿を心がけておけば間違いありません

何をしてもニキビが減らない、もしくはニキビ跡にレーザーもピーリングも試すには抵抗がある方なら保湿中心のケアさえしておけば今後のケアの効果の出方にも違いが出るのです。

特にニキビ跡の多い人なら、今後はピーリングを試す時に肌水分が少なければ肌は刺激を感じるだけで荒れる一方です。

そして、何も治療の予定がないとしても肌水分を上げることでデコボコした肌表面は水分を含み毛穴を小さくします。

悲しい事にニキビ跡のある人は、毛穴も開き易いのです。無数にある毛穴一つ一つが大きい上にニキビ跡まであるなら現役のニキビがなかろうと、きれいな肌とは言えません。

その保湿中心のケアですが、安い化粧水でも良いのです。ビタミンC誘導体やコラーゲン配合の質の高い化粧水をチビチビ使うよりも安い化粧水をたっぷり付けてみましょう

時間のある時にはコットンに浸してパックするなどしてみるのも良いでしょう。肌は喜んで応え、毛穴もニキビ跡も開きっぱなしの状態から少しは改善します

ニキビ跡ケア商品一覧


ニキビ跡を自力で治すのは難しい

ニキビ跡が大きなコンプレックスになっている人は少なくないと思います。

その為マスクで隠している、髪で隠している、厚い化粧でごまかしている、中には外出を避けている人もいるのではないでしょうか?

しかし、その誤魔化しがさらに肌にダメージを与えてしまっている事も少なくありません

そして凹凸の出来たニキビ跡はニキビを繰り返し古い角質が溜まってしまっている状態なので頑張って肌のケアをしてもそれが浸透しないので一般的な美肌ケアをしても治りにくいのです。

肌が固くなっている状態を柔らかくする必要があるのです。

何をしてもニキビ跡が治らないという人もいると思いますが、ニキビ跡、ニキビ染みを治す為には正しい方法を選択しなくては治すのは困難なのです。

思春期に作ったニキビ跡、20歳くらいになれば治ると言われたけど大人になっても一向に治らないのはその為なのです。


ニキビ跡専用のケア用品を使用する

どんなに頑張っても治らなかったニキビ跡でも多くの人が治った方法というものがあります。それはニキビ跡専用の美容液、ローションに変える事です。

ニキビ跡専用なだけあって浸透力が高く、浸透しにくい状態の肌でも浸透できるような成分が含まれています

分厚く固くなったニキビ肌を柔らかくする成分もあり肌の状態を通常な状態に導いてくれます。

肌が綺麗になれば印象は大きく変わり化粧のノリも良くなりメイク崩れも少なくなり今までのコンプレックスは解消されるはずです。

肌を褒められたらどんなにうれしい事でしょうか?その為には多くの人が治ったというニキビ跡専用に開発された美容液、ローションを選んで美肌を目指していくのが正しい選択なはずです。

ニキビ対策美容液商品 一覧


ニキビ跡は今すぐ治そう

長い間蓄積されたニキビ跡は時間をかけて通常の肌に導かなければなりません

2週間で効果が表れたという人もいますが、少なくとも2か月、3か月と使用し続けて肌のサイクルを正常に戻す必要があるのです。

そして古い角質が溜まっていく一方なので少しでも早くこの悪いサイクルから抜け出さなくてはなりません

ニキビ跡専用の美容液、ローションは少しですが値段が高いですが定期購入、まとめ買いなどで安く買える事も多いので長く利用していくことを考えながら賢く購入していきましょう

すでに多くの同じ悩みを持っていた人がニキビ跡専用に変えてから肌が良くなっています。今すぐニキビ跡専用のものに切り替えてあなたもニキビ跡のコンプレックスを解消させてしまいましょう

 

 

  

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)